二次創作 自分に宛てた感想メモ

自分が触れた二次創作の感想。メモがわりの勢いで書いてます。

杉下右京「ひぐらしのなく頃に」 感想メモ

elephant.2chblog.jp

 

ひぐらしクロスオーバー。クロスオーバー作品は「相棒」。

自分が本格的に「ひぐらしクロスオーバー」にのめり込むキッカケとなったSSです。特命係の二人(杉下・亀山)が雛見沢を訪れ、部活メンバーの問題を解決し、雛見沢大災害を阻止に貢献する。

澪尽し編をベースとした流れで、澪尽し編を知っていると「おっ、この場面か」となるシーンは多い。ですが、それが悪い引っ掛かりにならない面白さで、じつにオーソドックスにまとまった「ひぐらしクロスオーバー」だと思います。

 

何より、杉下右京の安心感は半端ない。

(今回の事件は杉下の正義が暴走する心配が一切ありませんから!)

 

 ◇ ◆

大石「それと、もう一つ報告なんですが……何やら、応援が来るそうですよ」
亀山「応援?」
赤坂「先ほど連絡がありまして、本庁の刑事が三人ほどここへ向かっていると……」
四人がそんなことを話しているとき、背後から聞き慣れた声で

「特命係の亀山ぁ~!」

 ◆ ◇

 

ここ、メチャクチャ嬉しくなりました。

トリオ・ザ・捜一」キターーー!!! とガッツポーズしましたとも!