二次創作 自分に宛てた感想メモ

自分が触れた二次創作の感想。メモがわりの勢いで書いてます。

「凛ちゃんとP その6」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その6】

 

開幕早々、コメントで「もうヤったの!?」「事後キタ━(゚∀゚)━!」「事 後」と流れてくるから用意して飲んでいたコーヒー吹き出した。

まあ、そう思う以外に何なんだって感じですけど(直球)

 

実際は違っていたのですが、むしろ事後だった方が糖分控えめでした

 

 ◇ ◆

凛「ごめん、寄っかかっちゃって」

P「いやいや、全然いいよ。

  むしろこうしていると癒されちゃってさ、俺も寝ちゃってたんだ」

凛「私も、プロデューサーとくっついてたら、気が緩んじゃったのかも」←照れ顔

P「凛は多少気が緩んでるくらいでちょうどいいんだよ。

  何なら、ちょくちょくこうするか?

凛「……考えておく

 ◆ ◇

 

オ"オ"オ"オ"オ"オ"オオオォォオォオオオォオオオオ…(砂糖吐き出す音)

 

これはヤバイ、

作者は俺たちを糖分過多で殺す気か!!!!???

 

その上、今さら手を握ることで動揺するPって……!!

 

 ◆ ◇

P「凛って、結構大胆なときあるよな……」

 ◇ ◆

 

お前が言うかァ!!? 末永く爆発しろッ!!!