二次創作 自分に宛てた感想メモ

自分が触れた二次創作の感想。メモがわりの勢いで書いてます。

銀時「ひぐらしのなく……ってオイ、これ前も見たんだけど?」 感想メモ

elephant.2chblog.jp

 

ひぐらしクロスオーバー。クロスオーバー作品は「銀魂」。

正直、前作(本編)より断然コッチが面白かったです。特にどこがって、全部です。

まず、前作ではスルーしていた沙都子救出。

銀時によるバリエーションに富んだお宅訪問シーンはゲラゲラ笑いましたし、それが伏線として形勢逆転に機能していく展開にはシビれました!

 

 ◇ ◆

ドンドンドンッ
鉄平「あー!誰じゃ扉の向こうにおんのは!名前くらい言わんかい!」


銀時『名乗るほど大した名じゃねーがぁー誰かがこう呼ぶラフメイカぁー!』

 

鉄平「……は?」

銀時『あれ、次の歌詞なんだっけ?テレビでやってんの聞いただけじゃ分かんねーな』
銀時『まあいいや、とにかく…さむぅーいからぁー入れてぇーくれぇー!』
鉄平「帰れ」

 ◆ ◇

ラフメイカーってギャグとして超優秀なんですね(初認識)。

 

梨花を除く部活メンバーは全員が前作の記憶を失っているのですが、それが次々に蘇っていく展開もスゴくよかったです。

前作では小ギャグでしかなかった「ピカチュウ!」が、今作で劇的なシーンとして活用されているのは『おお……!!』と唸らされました。

「伏線のシーン」「伏線のつもりはなかったシーン」全部含めて、この作者は以前のシーンを活用するのに長けていて、スゴイとしか言いようがありません。

 

全体を通して、竜宮レナがヒロインとして活躍しているのが嬉しかった。

前作では作者も「すまなかった」と言ってしまうほど不遇だった彼女ですが、今回はその不遇ネタも含めて、銀さんとの絡みが強化されて面白い描写がされてました。

「沙都子救出」を終えてからは、事件の主軸キャラとして救う存在になります。

ひぐらしクロスオーバーの中でも、ここまでレナが目立って活躍していたSSはないんじゃないでしょうか。

 

グッときた場面は多々ありましたが、終盤で「クロスオーバー主人公が戦線離脱」という展開によって「圭一たちのみで事件を解決しようとする」というクロスオーバー二次創作じゃありえないクライマックスに発展するのは驚きでした。

以降も銀時は活躍するのですが、圭一たちが『主人公』として自立する流れが描かれており、最後には自身の魂である木刀を圭一に本当の意味で託す。

 

 ◆ ◇

銀時「仕方ねーな…よーしテメーらァ!出席を取る…っていきてーが……」

銀時「今回…出席はもう取る必要もねーな……」

圭一「そ、そんなこと言うなよ銀さん!」

銀時「………おめっとさん」

魅音「え……?」

銀時「卒業…おめっとさんよ」

 ◇ ◆

 

泣きそうになるほど感動している自分がそこにいました。