二次創作 自分に宛てた感想メモ

自分が触れた二次創作の感想。メモがわりの勢いで書いてます。

「夜神月を雛見沢に閉じ込めてみた/ひぐらしがなくですの」(後半) 感想メモ

【ひぐらしのなくですの その2】

【ひぐらしのなくですの その3】

 

デスノートは本名以外では効果を発揮しない』

この設定が面白く機能している「夜神月パート」にワクワクが止まりませんでした。

魅音と詩音の「二重の入れ替わり」によって月が失敗する展開がとくに最高で、加えてこの状況になることは「ひぐらしクロスオーバー」で貴重でした。「Lパート」で順調に進行しているからこそ出来る展開だと思います。

 

 ◆ ◇

ライト「おっぱい! おっぱいおっぱい! 乳首! 乳首乳輪!! 乳首乳輪乳首!!!」

 『かけ間違えました!』

  ガチャン!

ライト「はふーん」

 ◇ ◆

 

腹がよじれるほど大笑いした。

(このために月のキャラ崩壊を取り入れたのかと思うくらい会心のシーン)

 

 ◆ ◇

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
園崎魅音 北条悟史への思慕と罪の意識に苛まれ続け発狂し、23日後に自殺
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ライト「この村の病気は便利だな。少し無茶な殺し方でも実行される。
  それにしてもまったく…手間をかけさせる…女のくせに…。
  新世界の神に対する度重なる非礼…反吐が出る罪深さ。
  己の愚かさを最後まで悔やみつつ、その悔恨の中で死ぬがいい」

 ◇ ◆

ライト「『明かり』だけに『ライト』なんちゃって」
リューク『最高につまんねーよ』
リカ「! だれ…!? うぅ! あっ…がっ…ごほっ! ライト…逃げ…ぐぅっ…あぐっ……。」

 

ライト「持つべきものは友達だ」

 ◆ ◇

 

僕は夜神月が上から目線で邪悪するシーンが大好きです。

 

「Lパート」もすごく面白かったです。

鷹野とLの頭脳戦もワクワクさせられ、その決着のつけ方も「おおぉー!!」と思わせられました! 完璧なハッピーエンドで終わって爽やかな気持ちになります。

 

……まさか、ここで独立していた『多重プロット』が合流するとは思いませんでした。

本気で「梨花! おま! はやまるなーーーっ!!」となりました(笑)。

 

夜神月と名探偵L。それぞれのキャラクターの性質が魅力的に発揮されつつ、笑える要素も大量に盛り込んでいる傑作でした。

 

蛇足。

『■ 一度はおいでよ雛見沢』というサブタイトルがやけに印象的に残っています。