二次創作 自分に宛てた感想メモ

自分が触れた二次創作の感想。メモがわりの勢いで書いてます。

遊戯「ひぐらしのなく頃に?」 感想メモ

elephant.2chblog.jp

 

ひぐらしクロスオーバー。クロスオーバー作品は「遊☆戯☆王」。

遊戯(と闇遊戯)がゲームで遊ぼうとしたとき、ゲームの「声」に誘われて雛見沢に招かれる。遊戯はゲームのクリア条件を「鬼隠しを阻止する」と捉えて、雛見沢で生まれた新たな友だちと共に戦っていく。

 

個人的にグッときたのは、序盤の山場である「沙都子救出」の流れ。

「闇のゲームに誘い、倒した敵に罰ゲームを与える」という初期の遊戯王のフォーマットが使われており、読んでいて嬉しくなりました。

原作の第1話でも際立った「やはりルールを守る事ができなかったようだな!」の台詞はニヤリとせざるをえない! じつに「らしい」シーンだったなって思います。

 

赤坂衛が活躍しているのもよかった。

赤坂衛は原作だと、第0章の主人公であり、最終章では最も頼もしい味方として大活躍するキャラクター。そのキャラクター性ゆえに、クロスオーバーだと活躍の機会を他に譲る形となってしまい、目立つことは殆どありません。

だから要所要所で物語のエンジンとなり、現状突破の切り札にもなるキャラクターとなっていたのは、読んでてとても嬉しかったです。