二次創作 自分に宛てた感想メモ

自分が触れた二次創作の感想。メモがわりの勢いで書いてます。

「ひぐらしクロスオーバー」 思ったことメモ

岸辺露伴は動かない-雛見沢-

 

ひぐらし』のクロスオーバーが大好きだ。

多分、あの雛見沢の空間をイレギュラーであるクロス主人公が圧倒的なキャラクターで突破していくのが快感となっているのだろう。

ひぐらし』の最終章は2つあって、1つは原作者が生み出した祭囃し編・もう1つは原作者の初期プロットを借りて作られたとされている澪尽し編。

クロスオーバーのSSだと、澪尽し編をベースにしたテンプレートが構築されている気がする。

 

  ◆  ◇

 

部活メンバーとの交流(部活ゲームやエンジェルモートや、入江診療所など)

 ↓

沙都子の叔父の帰還・叔父を打倒し、沙都子を救出する

 ↓

最大の悲劇「雛見沢大災害」の黒幕との対決

 

※詩音の狂気(目明し編)、圭一の混乱(鬼隠し編)、レナの暴走(罪滅し編)などの「ルールX」はあまり登場することはない

 

  ◇  ◆

 

「沙都子の救出」はクロスオーバーで必ず活用されるイベントだ。

※原作の皆殺し編は圭一たちが全力で村を説得し、沙都子も決意することで救出される素晴らしい内容であり、原作が微妙だったからクロスオーバーでいじられやすいワケではないと念のため付け加える。

クロスオーバーの主人公は、殆どが単身で雛見沢という空間を訪れる。

一人で『ひぐらし』全体とぶつかり合うわけだから、来訪する人物も強烈なキャラクター性を有しており、圧倒的だ。

部活メンバー全員、そして村全体で立ち向かった「沙都子救出」は、そんなクロスオーバー主人公のキャラクターを際立たせるのに最適な展開といえるだろう。

今後、感想メモを書くときはそこに対して注目していく……気がする。

 

  ◆  ◇

 

(追記)色んな作品を読んでて思うけど、レナって全然目立ってくれないよね……。