二次創作 自分に宛てた感想メモ

自分が触れた二次創作の感想。メモがわりの勢いで書いてます。

「凛ちゃんとP」感想

「凛ちゃんとP その7」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その7】 鍋のグツグツ音が食欲を刺激してきます。 内容はいつも通りといった感想です。Pの「鍋ができるまで寒いから、凛で温まろうと思って」というブッ飛んだ発言と行動がありましたが、感覚が麻痺していてこの程度じゃ動じません。 嘘です…

「凛ちゃんとP その6」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その6】 開幕早々、コメントで「もうヤったの!?」「事後キタ━(゚∀゚)━!」「事 後」と流れてくるから用意して飲んでいたコーヒー吹き出した。 まあ、そう思う以外に何なんだって感じですけど(直球) 実際は違っていたのですが、むしろ事後だった…

「凛ちゃんとP その5」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その5】 ◆ ◇ 「聖なる夜に相応しい内容にしてみました 悔しいでしょうねぇ」 by作者(ファンサービスP) ◇ ◆ (前半)自分「ははは、この程度で悔しいなんて思うかワハハ」 (後半)自分「てめぇ…!」(身もだえしながら) ラスト1分。怒涛の…

「凛ちゃんとP その4」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その4】 「渋谷さん」の頃の回想と、「凛」である今の話。 その1~その4で「凛とPの(過去から現在までの)関係性」が伝わってきたので、次回からどう変わっていくか(もしくは『いつもの』でどう描いていくのか)が楽しみになってきます。 凛…

「凛ちゃんとP その3」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その3】 ダラ~っとした時間を過ごすP。(栗コーダー感あるBGM) ↓ ふとした瞬間、担当アイドル渋谷凛のことで想いを巡らせるP。(ダンガンロンパ感あるBGM) ↓ 再びダラ~っとした時間を過ごすP。(栗コーダー感あるBGM) ↓ ふとした瞬間…

「凛ちゃんとP その2」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その2】 前回で起こったぴにゃこら太の戦闘! ……と思いきや、一気に解決した後の時間軸へ。最初は「えー?」と思いましたが、大事なのは解決した後の流れなので、この省略は作者の素晴らしい判断だったと見終えれば感じさせられます。 「同業…

「凛ちゃんとP その1」(ファンサービスP) 感想メモ

【凛ちゃんとP その1】 ◇ ◆ 渋谷凛、それと彼女のプロデューサー。 二人は「アイドルとプロデューサー」として確固たる信頼関係と築いているが、 強い「相思相愛」な関係でもあった! 堪能せよ! 二人のイチャイチャと強い絆の物語を!! 糖分がスゴイぞ!…